モイスチャーボリュームは、約20~30%、サイコロ状や筒状になっているものが多い

カサカサ食品よりモイスチャーが多いですが、相応しい硬さを保ちます。

缶詰やレトルトになって販売されている物品。栄養分よりホビー性意識というところがあるので、ウェット食品を与えるときは、その他の食品とミックスするのがおすすめです。
最近では、オリジナル用のウェット食品のセールスも増えてきています。

メニューやWEBなど頻繁に目にする無添加のコピー。ドッグフードの他にもコスメなんかにもぐっすり選べる文句ですね。無添加ドッグフードとはそもそも何のことを示すのでしょうか。

一般的には、無添加とは防腐剤や色付け料金などカラダに酷いものが含まれないことを言います。しかし、どの種が無添加であるというような具体的な法則はありません。そのため添加物Aは留まるが添加物Bは含まないという場合に無添加ドッグフードと表示しても大丈夫ことになっている。

無添加ドッグフードとそれ以外のドッグフードの種以外の違いは、隅っこと価格にあります。

無添加ドッグフードはショップに置かれることが小さく、人間店舗や動物病棟、ウェブサイト通販が主な隅っこになります。動物病棟には、協力クレアトゥールなどに制約があることもあるので、無添加のものをお探しの場合は、事前にネットで調べてから獣医に相談すると効率が良いかもしれません。

また、価格の面でも2種に大きな違いがあります。無添加のほうが少し高い価格で販売されています。これは、そもそもどうして危険な添加物をドッグフードに取り扱うのか考えると押さえるのですが、添加物使用の最大の長所といえば複製グレードの省エネ。セールス価格は安くても製造することで大幅得が狙えるのです。

一方、無添加ドッグフードは、添加物の代わりに経費の厳しい種、戦法を採用やる結果、セールス価格も高くなります。バイヤーからすると価格が安い方がうれしいですが、種・原材料を敢然と探り当てることも大切です。

DUOクレンジングバームの50%OFFはこちら